ひらめき - ISPIRAZIONE

2015/01/12

ヒサタニミカのイタリア食道楽7年目に突入!

Testaccio

2014年ももう終わりかーと思っていたのが新年ももう10日以上過ぎ
てしまい月日の経つ早さについていけない今日この頃。
遅ればせながら旧年中にこのブログを訪れてくださったみなさまどうも
ありがとうございました。

このブログを始めたのが2009年のこと。
なんと今年で7年目に突入することになりました。
自分でも信じられない快挙です。
書きたいことがいっぱあるのに更新できず、写真だけが溜まっていく
という日々で、ムリせず写真だけ掲載して文章は一行くらいにしようと
心がけているのですが、なぜかいっぱい書いてしまう性分なのです。
そんなわけでいつも急いで書き上げた雑文を読んでくださっている
みなさまに感謝。

自分で過去の記事を読み返して見ると、いろいろ変わったことも
あります。たとえばもう今は無くなってしまったお店や、当時は気に入って
いたけれど、再び訪れたときは経営者や料理人が代わっていてまるで
別の店になっていた、などなど。
なのでこのブログをご覧になった方は、あくまでその日の情報であり
私個人の感想ということでご了承ください。

それにしてもこの19年のイタリア食生活で想うのは、日本に紹介されて
いるイタリア料理、食材、料理人、お店は氷山の一角であるということ。
”今”のイタリア料理はもっと進化している!もっと面白い!もっと奥深い!
そんなことをもっとこのブログを通して語り継ぎたいなとますます思って
います。

ということで、みなさん今年もどうぞよろしくお願いいたします。





|

2014/01/01

謹賀新年 BUON ANNO 2014 

Dscn6181_ok

新年明けましておめでとうございます。

昨年このブログに訪問いただいた皆さま、どうもありがとう
ございました。
食を知るほどにイタリアを知り、ますますこの国のすごさを
体感した2013年でした。
今年もイタリアのおいしいもの、それを作る人、ステキな
レストランなどなど、もっともっと追求したいと思います。

新年が皆さまにとってよい年となりますように。








|

2013/07/05

ニホンというテーマパークから古代遺跡ランドへ

Dscn8518

イタリア生活が長くなり、年にちょくちょく帰国しているにもかか
わらず、日本に来るといつのまにか観光客の視線で何でも
見てしまうようになりました。

お寺があって舞妓さんがいるのは『キョウト』というテーマパーク。
高層ビルジャングルは新しいアトラクション『トウキョウ』。といった
ように、ふと自分がユニバーサルスタジオにいるようなシュールな
気分になる瞬間が多々あるのです。
渋谷で泥宵し道路に転がる若者、電車の中で立ったまま寝ているおじ
さん、手鏡片手につけまつげをつけている大阪のギャル。
みーんなテーマパークのダンサーやキャラクター。
『ニホン』を一つのテーマパークとして見たならば、ここにはたくさんの
個性あふれる世界唯一のアトラクションがあります。建築構成だけ
でなく、そこに登場する人々の一挙一動もおもしろい。
そういう意味ではここはなんと特殊な国なんでしょうか。外国人
にとって、こんなにバリエーション豊かで楽しめる観光地は世界に

そうそうないと思う。

そんなことを飛行機の中で考えながら、地球の裏側のもう一つの

テーマパーク、古代遺跡ランド『ローマ』へ向かう自分。

もうどっちにいるのが旅人なのかわからなくなってきました。


|

2013/01/01

謹賀新年 BUON ANNO 2013

Dscn5133_640x480

新年あけましておめでとうございます。
昨年もたくさんの方にこのブログに訪問いただいてどうもありがとうござ
いました。

昨年後半は引越しなどいろいろ多忙が重なって、更新が思うよう
にできない時期がけっこうありました。
書きたいことや、たまった写真がアップされることなく月日とともに流れて
いってしまいました。多々そんなことがあるのですが、このコラムを書く
ことは義務でもなんでもなくて、できるときにやろう、無理にがんばるのは
やめよう、と自分に言い聞かせながらここまできました。

17年のイタリア生活は長いと言えば長いのですが、「食」を通して知る
イタリアは住めば住むほどおもしろい所。なかなか飽きないどころか
もっともっと住みたいなーと思わせる国。だから日常的に書きたいことが
次から次へと押し寄せてきます。
去年をふり返ってもおいしい食べ物にワイン、何よりも半端なく食べること
が好きな人との出会いがありました。

その中でも思い出に残ったのがこの写真。
サリーナ島に住む自給自足で生活するひとり暮らしの農家のおじさんの家。
おじさんは、自分の畑でとれる作物を使って毎日毎日365日地元の友だち
にその料理をふるまうという生活。ほぼ仕事もしていないようで自家菜園と
料理が生活の中心。
おじさんが建てた家(小屋)におじゃましてみると、夏まっさかりというのに
なぜかキラキラのクリスマスデコレーションだらけ。大音量のテレビの前には
20人ほど座れる大テーブル。
この日もおじさんは自分のトマトと海老のパスタを豪快に炒めておりました。
友だちたちも集まりはじめ、昼間っからすでに大ジョッキで赤ワインを
生ビールのように飲むおじさん。

Dscn5154_640x480

家の玄関にこんなプレートがかかっていました。
『DIO C'E'  MA NON SEI TU RILASSATI 』
”神は存在する。しかしそれは君ではない。ま、気楽にいこうよ。”

みなさま今年もどうぞよろしくお願いします。





|

2011/10/26

トスカーナ キャンティ・クラッシコの夕暮れ

Dscn8273_1

キャンティ・クラシコ19時の空。
この日飲んだワインの色が反射したような夕焼け。

|

2011/01/01

BUON ANNO 2011 ! 謹賀新年 

Dscn8463_1_2

BUON ANNO 2011 !
新年あけましておめでとうございます!

旧年はこのブログを訪れていただきどうもありがとうございました。
おいしいものの探求、それを作った人との出会い、その感動を一緒に
分かち合った人々、etc etc...そういうことが年々自分の財産になって
いくのをシアワセに感じた年でした。
今年はこの和をもっともっと広げていきたいなと思っています。

どんな発見があることやら!?

では2011年もどうぞよろしくお願いします。

|

2010/05/04

4月の訪問者

イタリアに住みながら出会う面白いできごと、興味深い人々
いい匂いのする食べ物に、魅惑のワイン。
日記のように普段の日々を記録として残したいと思いNICON COLPIX
P6000片手に始めたこのコラム。
早いもので8ヶ月がたちました。
どのくらいの人が見てくれているのか4月のアクセス解析をとったところ
1ヶ月で1038人もの訪問者があったことがわかりました。
1人でも多くの人にこの食記録を紹介したく、『にほんブログ村』の
ブログランキングやらに登録してみたところ、本日付けでイタリア料理
カテゴリーでは154サイト中31位に、ワインカテゴリーでは577サイト中
111位に入っていました。
あくまでも数字のこと、と思う反面1人でも訪問者数が増えていると
うれしいものです。
どこまでも個人的でちっちゃな記録ですが、わたしがまんまとはめられた

イタリアのおいしいものをこれからも楽しんでもらえたらと思います。

Imgp0896_1

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ人気ブログランキングへ

|

2010/03/20

ばーさんとじーさんのブログ

ローマ国連に勤務している友人のY子さんに教えてもらった
このブログ。
ちょっとはまっています。
見ていると心がほかほかしてくるブログです。

”ばーさんがじーさんに作る食卓”
http://sesenta.exblog.jp/

http://sesenta3663.kilo.jp/

食卓の写真を見て思うのはどれも料理自体に迫力がある。
和食だけでなくタイ料理、中華、手作りパンと、玄人はだしの
レパートリー。イタリアンもよくでてきます。
どれもおいしそうで、タラとジャガイモのコロッケ、自家製
ベーコン、ねぎのスフレのレシピは今度友人を招く時、拝借させ
て頂こうと思います。

自家農園で栽培されている季節感あふれる食材。
意外な材料の取り合わせもおもしろい。
食器使いやテーブルコーディネートもバリエーション豊かで
なるほどなーと思いながら見ています。
そして写真にはいつもちゃんと料理にあったワインやお酒が
写っています。

息子さんが音楽活動をされているので自分も発散する場が
ほしかったそう。
ばーさんは表現者なのですね。
ある日のブログに載っていたばーさんの言葉が気に入り
ました。
「自分にとって料理はライブ、台所は武道館。」
「料理に欠かせないものは、なにより食べてくれる人。」
そしてそれには恵まれていらっしゃるそうです。
ばーさんの料理はロックンロール。
じーさんのイラストがさらにライブを盛り上げています。

いまや世にあふれるブログ。
でも全てのブログがインターネットを通してコンピューターの向こう
にいる他人に暖かいものを伝えられるわけではありません。
レシピもすごいけど、料理を通していろんなメッセージが伝わって
くるこのブログはそういう意味でも貴重だと思いました。

それにしても京都のこんあ自然のきれいな田舎で犬とネコと
自家農園に囲まれたおいしい生活。いいですねー。

|

2009/10/06

ラモのキモチ SOLITUDINE DI RAMO

Dscn0226_1_2

飼い主が出張のため、1人でお留守番のラモ。
寂しがりやのラモの長い1週間のはじまり。

| | コメント (0)

2009/09/10

プロローグ ローマの青い空の下で   Prologo

_zin9405_3  

 

そよ風にのって流れてくるごちそうの匂い。

窓際からこぼれてくるフォークやナイフの音に混じる笑い声。

高い窓の向こうにある光の空間。

学生のころイタリア旅行で見た、写真にさえ収められなかった

この光に惹かれ、決心したイタリア暮らし。


京都からローマに移住し、あっという間に過ぎた長くて短い15年は

全土を旅しながらイタリアのおいしさを探し食べる日々。

家庭の味、プロの味。

素朴な一品、贅沢な一皿。

行きつけのワインバーに話題のレストラン。

おいしさを育てる人、作る人、食べる人、評価する人、伝える人。

そこにあるのは果てることのない食欲の追求。

1皿の料理、1杯のワインからみんなの心が繋がる喜び。


窓の向こうにあったキラキラ輝くものが今、ここにある。

|

その他のカテゴリー

おうちランチ&ディナー - CUCINA DI CASA | お知らせ - NEWS | その他 - ALTRI | ひらめき - ISPIRAZIONE | アブルッツォ レストラン - ABRUZZO LOCALE | イタリアのネコ - GATTO ITALIANO | イタリアB級グルメ - GOURMET DI CATEGORIA B | ウンブリアレストラン - UMBRIA LOCALE | エオリア諸島 - ISOLE EOLIE | カラブリア レストラン - CALABRIA LOCALE | キッチン用品 - ATTREZZI DI CICINA | サビーナレストラン - SABINA RISTORANTE | サルデニア | サルデニア レストラン - SARDEGNA LOCALE | トスカーナレストラン - TOSCANA LOCALE | トリノ カフェ - TORINO BAR | ドルチェ - DOLCE | パーティー・イベント - FESTA/EVENTO | ビール - BIRRA | プーリア レストラン - PUGLIA LOCALE | ミラノレストラン - MILANO LOCALE | レストラン - LOCALE | ローマ カフェ - ROMA BAR | ローマのモニュメント - ROMA MONUMENTO | ローマレストラン - ROMA LOCALE | ワイン - VINO | 京都カフェ - KYOTO BAR | 京都レストラン - KYOTO LOCALE | 大阪レストラン - OSAKA LOCALE | 市場 - MERCATO | 愛猫ラモ - RAMO | 料理レシピ - RICETTA | 東京レストラン - TOKYO LOCALE | 生産者訪問 - VISTIA DI PRODUTTORE | 美味食材 - DELIZIE DELLA TAVOLA | 街角のデザイン | 試飲会 - DEGUSTAZIONE | 食材店&エノテカ - NEGOZIO & ENOTECA