京都カフェ - KYOTO BAR

2013/06/29

京都出町『ふたば』の名代豆餅

2

京都に帰って食べたいもの、絶対に外せないのが『ふたば』の豆餅。

このお店のある出町柳の商店街の近くに子供のころ住んでいた

なつかしさも手伝ってか、どんな有名デパ地下にあるおまんじゅうも

ここの豆餅にはかないません。

創業は明治23年。というと1890年。名物の豆餅には北海道富良野

の赤エンドウと十勝産のあずき、滋賀県江州羽二重もち米が使われ

ています。

3

真っ白な制服がまぶしい売り子さん。とにかく常に行列ができて

いるのでものすごくテキパキした手さばきなのですが、接客は

ゆったりとした京都弁なところがまたいい感じなのです。

4

店の奥で職人さんが作った豆餅は木箱に詰めて店頭に運ばれて

きます。そこから売れた豆餅をひとつひとつきっちり詰めていく売り子

さん。なぜか無償にやってみたくなるこの作業。でも味見したい欲を

おさえるのは、こりゃ辛そう。

5

豆餅以外にも、京都の季節の和菓子が売られています。

素朴な普段のお菓子が並ぶ昔ながらのショーケース。

いまどきのオシャレなパッケージはありませんが、家に持ち

帰る前にその場ですぐにほおばりたくなるようなこの形姿。

豆餅に並んでみな月もまた忘れがたいおいしさ。

1_2

やわらかいけど弾力のあるお餅に包まれたあっさりとした

あんこ、塩の甘みを感じる固めの黒い豆。1個170円なり。

いつの時代も京都最高の銘菓です。

職人さんがつくる豆餅の工程が見られるサイトがありました。

こちら→季節の口福菓子

***********************************

出町ふたば

京都市上京区出町通今出川上がる青龍町236

Tel 0752311658

***********************************

|

2012/01/11

昭和の香りする『京都イノダコーヒー本店』の別館

Dscn9548_1_3

世界一大好きなカフェ『イノダコーヒー』。ここに来ると「あー京都に

帰ってきたー」とほっとします。

いつもは三条の丸テーブルですが、人数が多い時は本店の方へ。

本店には他店と違い、昭和の香りあふれる別館があるのです。

Dscn9543_1

70年前の創立当時のコーヒーメーカーやポット、壁時計がそのまま

何気なく置いてあります。そして昭和30年代の常連、谷崎潤一郎や

東映女優さん達の白黒写真が。数え切れないほと訪れた本店ですが

このタイムスリップしたような空間の別館で初めてコーヒーをいただき

ました。

Dscn9547_1_2

大好きなタマゴサンド。

このたっぷりしたタマゴの量がちょうどよいのです。

パンもふかふか。

Dscn9544_1_3

3センチはあるかと思われるフレンチトースト。

ふわふわすぎずクラシックなフレンチトーストです。

Dscn9552_1_3

別館の外にはイノダコーヒーと書かれた自転車が数台ありました。

この自転車で創業当時はコーヒーの出前をしていたそう。

今はもう錆ついているもののこのお店の歴史を象徴するオブジェ

となって誇らしく並んでいます。夏は蒸し暑く、冬はその冷えのする

京都で自転車こぎこぎコーヒーを運ぶ給仕さんの姿が目に浮かぶ

ようでした。

Dscn9549_1

***********************************

イノダコーヒー本店

京都市中京区堺町三条下ル道祐町140

Tel 075 2110507
***********************************

|

2010/08/26

京都で噂のスイーツ『パティスリーS』

201008_365_1_2

話題のスイーツ店として何度となく耳にしていた京都『パティスリーS』。

中元シェフによる、厳選された素材を駆使した生菓子、焼菓子、ジャム。

店内には販売コーナーの横に数席のイートインコーナーも構えられています。

ショーケースに並ぶケーキはもうどれもおいしそうでその中から選ぶの

はこちらも真剣勝負です。

201008_372_1

「サントノーレ・キャラメル」。

パイ、プチシュー、キャラメルクリーム、アーモンドを重ね、飴をかけた

お菓子です。

この立ち姿。 

こちらも背筋を伸ばして挑みました。

キャラメルクリームと飴の香ばしさにサクサクとしたシュー。

口にふくんでしばらく放心。

それぞれの量のバランス、甘さ、食感、見事です。

201008_367_1

「タルト・オ・フルイセック」。

フォークを突き刺すのももったいないドライフルーツのケーキ。

1グラムも1ミリも狂いもないというような完璧なバランス感。

‘非の打ちどころがない‘というのが感想です。

一人で食べに来られている男性客もちらほらいらっしゃいました。

ここのスイーツを食べるために他地方から京都に来るファンも。

京都で渦巻く『パティスリーS』の噂は本当でした。

************************************

パティスリーS

京都市下京区高辻室町西入る繁昌町300-1

カノン室町四条1F

TEL 075 3615521

************************************

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

|

2010/08/22

お酒がケーキに化ける店「GHOST ゴースト」

201008_406_1

木屋町の「K6」、祇園シャンパンバーの「クーゲル」と、京都の人気バー

店主西田さんのケーキのお店。京都の風情あふれる花見小路のビルの中

にひっそりあります。だれかに連れてきてもらわなければ絶対にわからない

という場所で、それもまた「ゴースト」らしさを醸し出しているのです。

201008_384_1

店内は、長い真っ黒のカウンター席で、壁にはお酒やグラスがずらり

と並んでいます。一見シックな大人のバー。

ここのケーキの特徴は、お酒をほどよく含んだ大人の味。これに西田さん

がまさにこれぞという相性のよいリキュールや蒸留酒を合わせてくれるの

です。ショーケースに並んだケーキにはアルコール度数も表示されています。

201008_390_1

注文したのはライチのムース。西田さんはこれにドイツ産SPECHT

の洋梨のリキュールを合わせてくれました。甘酸っぱいムースにこの

リキュール、ケーキ全体がよりフレッシュで軽やかな味になるから

不思議です。

201008_395_1

こちらはチョコレートとカシスのケーキ。漆のような艶で自分の顔

がケーキの表面に映るほど。西田さんが合わせたのはフランス産

のオレンジのリキュールPICON。甘さの中にギュッとした薬草のような

苦みがあってビターチョコレートとカシスにぴったり。感動です。

201008_399_1

そして名物ホットケーキ。

これ、とろとろなんです。

口に含むとフワーっとリキュールの味が広がります。

201008_398_1

ケーキとお酒。

全く違和感なく、むしろバラバラになっていた原材料が再び口の中で

出会いそれぞれの味を引き立てます。

数種類あるケーキすべてを西田さんのセンスで選ばれたお酒と食べて

みたくなりました。

世の中スイーツブームですがこんなひと癖もふた癖もある異色の店は

ほかにありません。

西田さんはお酒業界のキーパーソン的な存在。ヨーロッパのお酒の産地

にもよく足を運ばれています。ピエモンテの銘酒BERTA社からスペシャル

キュヴェのグラッパを樽ごと買いつけられたそう。カリスマバーテンダーと

いうと、なんだか大人のバーのマスターのイメージで、うんちくのすごい

かたい感じの人に聞こえますが、いい意味で力の抜けた面白い人。

このお店に誘っていただいた「ラ・メランジェ」の松宮先生曰く、男女とも

西田ファンがたくさんいるとのこと。

ドルチェのお化け屋敷「ゴースト」。

今回の京都のお気に入りスポットとなりました。

******************************

GHOST

ゴースト

京都市東山区四条花見小路西入る北側井澤ビル5F

TEL 075-5322828

******************************

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

2010/01/15

『CAFE' BIBLIOTIC HELLO !』 カフェ BAR

Dscn2212_1

幼馴染の友達が誘ってくれた、御池の住宅街にある『カフェ ハロー』。
南国の木で覆われたエントランスからしてぞくぞくするものがありましたが
1歩足を踏み入れた瞬間、かなり気に入りましたこのお店。

Dscn2216_1

高い天井の店内の一面には木の本棚。いろいろな形をしたソファーや椅子。
ゆっくりした時間、ふんわりとやわらかい空気が流れる癒しの空間。
住みたくなるような隠れ家カフェです。

Dscn2219_1

メニューには食事も手作りデザートもいろいろ豊富にあります。
本棚から好きな本を抜き取って静かに一人で時間を過ごしている人や
ランチをする外人カップル、コーヒーを何倍もおかわりしながらおしゃべり
する私と友人H。みんなそれぞれの貴重な時間を楽しんでいるようでした。
カフェ内にはパン工房とアートギャラリーも。

もし京都に住んでいたらしょっちゅう来て、お店の人に嫌がられるくらい
長居してたのになーと思いました。
今度は夜も来てみたいな。

カフェ巡りはいまや京都の楽しみのひとつですね。

***********************

CAFE' BIBLIOTIC HELLO !

************************

|

2010/01/09

『イノダコーヒ INODA COFFEE』 カフェ BAR

Dscn2167_1_2

INODA COFFEE e' il bar piu' importante di Kyoto.
Da 70 anni amato dalla gente di Kyoto.
La mia famiglia riunisce sempre qua.

INODA COFFEE ha anche la sua torrefazione e il lavoratorio di pasticceria.
Simile a CASTRONI di Roma.

ロゴマークは赤いポット。
イノダコーヒーではなく、イノダコーヒ。
1940年創立。
「京都の朝はイノダのコーヒーから始まる」という合言葉の通り、全ての意味で
京都一の喫茶店。
自社の焙煎工場とケーキ工房を所有しています。

Dscn2225_1

In giappone " Caffe " significa caffe amiricano.
Non buono sinceramente, non lo bevo mai ma caffe di INODA e'
tutt'altra cosa. Ha il profumo elegante, e gusto profondo e morbido
molto raffinato.

イノダのコーヒーは値段もほかのお店より高めですが、その辺の喫茶店
のコーヒーとは一線を引きます。作りたての香ばしさと、奥行きのある味わい
が病み付きになります。また必ず砂糖とミルクの入った状態で
提供され、常連なら何も言わずとも、いつもの砂糖とミルクの量で出てきます。

Dscn2040_1 Dscn2159_1

INODA e' una catena di bar, a Kyoto ce ne sono 6.
A me piace sopratutto quello che sta a zona di Sanjyo Sakaimaci.
Perche' ce' la tavola molto originale.
I staff preparano caffe anche i tramezzini tutto il giorno (tramezzini
appena fatti sono buonissimi, non come quelli che preparati e seccati
nella vetrina ).
E' molto divertente a osservare loro che lavorano modo preciso.

INODA ha tinti clienti fissi che vengono ogni giorno, anche tante volte
a giorno come mio zio. I staff si ricordano il gusto preferito di ogni singolo
cliente. Zuccherato o senza, quantita' di latte, anche il giornale preferito.
Non lo sbagliano mai.
E adoro anche come salutano ai clineti.
Non troppo amichevole ma nemmeno freddo.
Un sorriso silenzioso con lo spilito di ospitalita'.
E' un' arte.
Spero che INODA continua esistere sempre senza cambiare nessuna
cosa. Questo e' il mio desiderio piu' grande per la mia citta'.

一番好きなのは三条堺町店。
なんといってもこの円形テーブルがあるのはここだけ。
円形テーブルに座って、中でコーヒーを沸かしたり、サンドイッチ用の
長い食パンをスッスッと切る店員さんの仕事はなかなか見ごたえがあります。

プロ意識がひしひしとテーブルのこちら側にも伝わってくるのです。
またお客様が着席したときの店員さんの自然でさりげない挨拶は見事です。
慣れ慣れしくなく、かといって営業スマイルでもない。常連には昔からの知り合い
なので「今日もお元気ですか」といった感じが、新客には「ようこそいらっしゃい
ました」といった感じが一瞬の笑顔のお辞儀の中にこめられているのです。

常連といえば、昔は作家の谷崎潤一郎氏や池波正太郎氏がいたそうですが
今でも時代劇の俳優さんや東映の人も時々見かけます。

ロゴ入りのコーヒーカップやほうろうのポット、灰皿などオリジナル商品も
あり、ローマの自宅でも愛用しています。

何年か前に四条の本店が事故で全焼したことがありました。このニュースを

ローマで知った時、胸がつぶれる思いをしました。(今はすっかり立て直されています。)

この先もいつまでもいつまでも変わらずおいしいコーヒーをさりげなく
提供し続けて欲しい、これが京都に対する一番の願いです。

*******************

イノダコーヒ

INODA COFFEE

*******************

|

2010/01/03

『京はやしや KYO HAYASHIYA』 抹茶ミルク LATTE FREDDO AL TE' VERDE

122009_1938_1_3

Nonostante che soo lontano da Kyoto da tanto tempo, sono molto

legata con i miei amici d'infanzia.

Ogni volta che torno in Giappone, ci vediamo questo posto come quando

eravamo i studenti di liceo.

KYO HAYASHIYA e' situato a centro di citta', sta sesto piano di dentro un

building sul fiume Kamo. Il locale e' specializzato di dolce di te'verde.

Il gelato, torta, grattachecca, drink, di te' verde.

Il mio preferito e' `latte freddo al te' verde con gelato di te' verde `.

(730yen 5,6euro)

Il sapore di questo bibite e' sempre uguale come i miei amici non fa sentire

che anni passati.

京都に帰る楽しみ。

昔からの友達に会うこと。

待ち合わせ場所は高校時代と同じ『京はやしや』で。

三条京阪にある宇治茶を使ったスイーツのお店。

ビルの6階にありガラス張りの窓からは鴨川が見下ろせる絶好の

ローケーション。

抹茶ソフト、抹茶アイス、抹茶かき氷、抹茶ケーキ、抹茶ゼリー、抹茶パフェ

お茶の葉を混ぜ込んだ茶ーハンから茶そばまで、宇治茶専門の喫茶店。

毎度注文するのは大好物の抹茶ミルクのソフトクリームのせ(730円)。

長く離れ離れになっていても、毎日会っているようなみんな。

高校時代から何も変わっていないみんな。

ありがとう。

*****************

京はやしや

KYO HAYASHIYA

********************

|