ミラノレストラン - MILANO LOCALE

2015/06/29

ミラノブレラ地区『SUSHI B』

1_4

今ミラノで一番新しい鼓動を感じるレストランがここ『Sushi B』。
昨年7月にオープンしたお店で、寿司屋でもなく和食亭でもない。
真新しいカテゴリーの空間なのです。

日本人建築家によるインテリアデザインで、照明もこだわっています。
スタイリッシュでグリーンいっぱいのみずみずしい店内では、ミラネーゼ
たちが早くも日本酒のカクテルでアペリティフをしていました。

バーテンがカクテルをふるまう解放感あふれるテラス席とうってかわって
室内は日本人寿司職人が目の前で握ってくれる銀座の高級寿司屋のような

カウンターもありいろいろなシーンが楽しめるようになっています。

某サッカーチームの会長も常連だそうな。

3_2

ここのシェフは長い間マルケ州のミシュラン二つ星レストランのモレーノ・
チェドローニの右腕をしていた新森(ニイモリ)氏。和食出身でなくイタリアン

のシェフによるお料理の始まりにワクワク。

6_2

まずはアミューズから。
こちらはカニとパプリカの春巻き。
寿司屋と思って来た人には驚きのスタートです。

2

前菜は、ホタテとシチリアの赤海老、リンゴットキャビア添え
柚子とオレンジ風味の泡。上にのっている黒いチップスの
ようなものはプレスしたキャビア。
魚達の新鮮な食感と甘味、素材の爽やかなハーモニー
にうっとり。

3

マグロのづけを巻いた裏巻き。周りにはカリカリの天かすがのって
います。マグロのおいしさ、ごはんのおいしさ満喫。

4

デザートは、ラズベリーのマカロンに梅酒のゼリー、柚子のシャーベット。

軽くいただいいたディナーでしたが、なんともイタリアンと和が軽やかに
マリアージュされ、新世界が目の前に広がるような体験でした。
東京で和食出身の料理人による高級イタリアンというのはいただきましたが
イタリアン出身のシェフによる和食というのは初めて。
メニューをめくると、なんだか不思議な名前のメニューがたくさん。
それぞれの料理にワインがあうのか日本酒があうのか、一皿一皿
ためしてみたいなー!

この先どんどんと新しいシェフによる今まで存在しなかったカテゴリーの料理

がイタリアにも誕生していくのかもしれません。そんなうれしい予感をもたらしてくれた『SUSHI B』の料理。寿司でもない、和食でもない、イノヴェーションでもない。
このスタイルを”新森料理”と名付けました。

*********************

SUSHI B

Via Fiorei Chiari 1/A Milano

**********************

|

2015/06/06

パニーノになったジュエリーたち 

2

ミラノのブレラ地区にあるジュエリー店のデコレーション。

1

3

|

2015/06/02

ミラノ和食レストラン『IYO イヨ』

D_3

ミラノに来る愉しみのひとつ、 和食レストラン『IYOイヨ』のお寿司。
昨年イタリアではじめて和食のお店としてミシュラン1ツ星を獲得。
キッチュでゴージャスな店内には、ミラノのセレブリティがシャンパン
片手にお寿司をほおばっています。美味しくて、お洒落で、太らない。

こんな3拍子揃った料理に彼らが目をつかないわけがありません。

今イタリアでかなり和食の店が増えていますがその中でもここは高級店。

今、ミラノのグルメに好きなお店を聞くと、ここのお店の名前をあげる人
はほんとに多い。

1_4

ここのお料理に共通しているのは華やかさと、素材の迫力。
モダン寿司ですが、決して奇をてらったフュージョンというわけではなく
筋の通ったおいしさがあるのです。
ミラノはイタリアでも一番いい魚が集まるといわれますが、それを
確かに納得させてくれたのもこのお店。
ちょっと今までこのレベルの魚、しかも生の魚はイタリアでは食べた
ことがないかも、というほど。
また和食の店とは思えないほどのワインリスト。イタリアワインはもちろん
シャンパンも豊富に揃ってます。
こういったレベルのお店のワインリストにもっともっと日本酒が入っていくと

地元ミラネーゼにも親しまれていくんだろうなー。

3_2

『IYOイヨ』の総料理長はイタリアに25年前から在住する市川氏。
今年のイタリア国際料理シンポジウム「IDENTITA' GOLOSEイデンティタ
ゴローゼ」にもゲスト出演され、今や料理界ではひっぱりだこのシェフです。

4_2

イタリアワインに詳しく、何よりもイタリアが大好きで、イタリアが性に合っていて
イタリアにいるのが楽しい!という市川氏。「もしかしたら、そういう楽しい気持ち

が自分の料理にもまた出ているのかもしれません。」なるほどー!

イタリアに長年いる日本人でもイタリア人と結婚したからとか、仕事で派遣された

からという理由で住んでいる人もたくさんいるので、25年もいる市川氏の

「楽しいからここにいる」という言葉がとっても新鮮でした。

でもホントその通り、プリプリのお魚たち、はじけるような勢いのあるお寿司たちの
オンパレードなのです。
これを食べに行くだけでもミラノに行く価値アリなのです。

C_4

**********

IYO

*********

 

|

2015/05/29

『EATALY MILANO SMERALDO イータリー ミラノ ズメラルド店』

A_2

ミラノガリバルディ駅からそう遠くない地区、コルソコモからもご近所
の『イータリーミラノズメラルド店』。
ここの楽しさに夜遅くまで大ハッスルしてしまいました。
世界最大の面積を誇るイータリーはローマですが、断然こっちの
ミラノ店のほうがスキ!

3階建ての店舗の中階にはライブホールがあります。
ここでずーっとライブをしていてこれがまたよいのです。

B_2

深夜24時まで営業していて、夜23時にレタスを買う銀行マン風お洒落
ミラネーゼや、一人で食事をしている若い女性といった、イタリアでは
現実のものとは思えない目を疑う衝撃的光景があちこちに!

1_2

イータリーで感心するのは、店員がしっかり教育されているところ。
野菜コーナーでも細かく説明してくれます。この”学ぶ”楽しさもウリ
にしたのはすごいところ。

C_2

どのイートインコーナーも満員。過去のイタリアの歴史にこんな流行った
飲食チェーン店はかつてあったでしょうか?
値段もお手ごろな高質食材が買えて、食べられて、店員さんの説明で
おいしい食材のうんちくも語れるようになるのだから、これはよい。

D_2

一人で食事ができて、深夜でも野菜が買えるという事実。
イータリーミラノでうれしいカルチャーショック。
毎日でも通いたい場所。

****************

EATALY MILANO

***************



|

2015/05/18

ミラノのオアシス『CAFE TRUSSARDI カフェ・トルッサルディ』

1_2

ミラノは高級ブティックが立ち並ぶモンテナポレオーネ通りの老舗カフェ
『COVAコヴァ』のウインドウ。
5月1日に幕開けしたミラノ世界万博でミラノの街はエクスポ一色!
と、言いたいところなのですがまだ時期的に早いのかあまり盛り上がって
いない様子。
駅にも街の通りにもEXPOの旗などがたくさん飾られているわけでもなく、また
世界中から訪れた観光客が溢れているわけでもなく。。。

そんなミラノですが、やはり現地のミラネーゼが集うお洒落スポットは相変
わらず賑わっており、その1つ『TRUSSARDI CAFE' トラサルディ・カフェ』で
まずはランチ。

Fullsizerender3

いかにもミラノ的なインテリアのカフェ。近所にはたくさんの銀行が
密集しているので、銀行員達がランチに来るのですが、これがまた皆
なんで?!って聞きたくなるほどおシャレなんですよ。
さらにはすごい貫禄のある全身アルマーニの太っちょおバサンや、犬を
散歩させているのにシックなスーツ姿のおじさん、みんな何をしている人
たちなのかわかりませんが、このミラノの最も中心地の何キロ㎡以外の
イタリアでは絶対に存在しない人たちがここには集まっています。
日本の男性雑誌のミラノ特集なんかを見ている限りには、イタリア全国
のイタリア人がお洒落に思えますが、ちがうんですよー。
またこの街ではモデルと思われるすごいスタイル抜群の若い男女も見ら
れますが、中年の男女のほうが断然カッコよいのです。
日本もそうなるといいなー。

Img_2829

そんなミラノの見事な装いの熟年層をガラス越しに眺め
ながら食事ができるのもこのお店の醍醐味。

Img_2828_2

24ヶ月熟成の高級生ハムクラテッロから。
このカフェにはランチようのサラダやトマトソースのパスタなど
わりとシンプルなメニューがあるのがうれしい。

Img_2832

チキンサラダ。ハムのように薄くカッとされた鶏の胸肉にアンチョビとフレッシ

ュなチーズがのっています。量は多かったのですが、とてもさっぱりとして

ぺロリといただけました。

通り行く人を見ているだけで楽しいこのお店。
緑の多いインテリアもステキでミラノではお気に入りの一軒。

************************

CAFE' TRUSSARDI

Piazza della Scala 5  Milano
Tel 02 8068 8295

*************************







|

2014/05/15

ミラノ『CAFE TRUSSARDI カフェ・トルゥッサルディ』

1_2

ミラノスカラ座の隣にある、トルゥッサルディビルの1Fにあるカフェにてランチ。
髪の毛をアップにしたスカラ座バレエ学校の子供達が颯爽と行き交う裏通り
に面したガラス張りのテーブル席。
天井から垂れ下がるグリーンで都会ながらもまるでオアシスにいるような爽快さ。
近所のブティックや銀行で働いている人たちとみられる常連客もローマから
くると目が覚めるようなお洒落さんばかりなのですが、このカフェの制服を着こ
なしたカメリエーレが相当カッコいいんですよ。白いスタンダードシャツと、紺に白地のスト
ライプ生地のワイドパンツ。その上からパンツと同じ生地のロングエプロン。
女性も男性もこのスタイル。なんかコレ見てトルゥッサルディのイメージが変わり
ましたね。イタリアでは珍しい超ショートカットの女性カメリエーラがキビキビと
サービスする姿にうっとり。

3_2

今が旬の野菜、アスパラガスの卵とプロシュット添え。
アスパラが生で、しかもこんな薄切りに。目玉焼きの周りは
生ハムを細かくきざんで炒めたもの。

2_2

トマトソースのスパゲティ。こういうスタンダードなメニューがあるのって
うれしいものです。意外とないんですよ、こういうフツーの料理をレストラン
で出す店って。茹で加減も絶妙でなかなか美味。

4

仔牛のミラノ風カツレツ。これは伝統的なスタイルよりもだいぶお肉
が分厚いのです。一般的にはもうハムくらい薄いのですが、これは2cm
以上あります。身はやわらかく、衣はサックサク。これは抜群においしかった。

5

サラダも今摘んできましたって感じの新鮮さ。旅の途中の野菜不足
には何よりうれしい一品。
サラダに添えられたフォークもミラノ的なデザインのもので、細かいところ
まで配慮されているのがわかります。

6

最後は抹茶のデザートで〆。ショートカットのカメリエーレがすすめてくれた
のですが、これは期待ハズレでした。。。

とはいえ、料理、サービスのレベルはなかなかよく、また来たいと思わせ
られたお店。何よりもこの働くミラネーゼたちの華やかな装いを横目で
眺めながらの食事はローマではそう頻繁にない愉しみ。

カフェの上階にはレストラン『トルゥッサルディ・アッラ・スカラ』があります。
2ツ星ということもあり、ミラノではもっともランクの高い店。
2年前にアンドレア・ベルトンシェフが後退、ルイジ・タリエンティという
『オステリア・ラ・フランチェスカーナ』で経験を積んだ若手シェフがレストランに
新たな息吹をもたらしています。

**************************************

IL RISTORANTE TRUSSARDI ALLA SCALA

**************************************





|

2014/05/12

ミラノ『ARMANIアルマーニ』と『BULGARI ブルガリ』のラウンジバー比較

P1100314

ミラノといえばアルマーニ。マンゾーニ通りにある『ARMANI HOTEL MILANO』
の最上階にあるラウンジバーへ。
エレベータの扉が開くと、そこには夕焼けでピンクに染まる教会のファサード
がドドーンとガラス張りの窓越しに現れます。
このポジションも考慮してエントランスが造られたと思われる感動的な一コマ。
アペリティフのみなので予約なしで入店。
アルマーニデザインの照明やクッションで装飾されたシックな店内からガラス
越しにミラノの街が見渡せます。このパノラマもインテリアに溶け込んでさすが
アルマーニ。

あの洗練されたスーツに身を包んだオジサマ達が淑女達とマルティーニグラス
を傾けているところを想像していたのですが、意外とミラネーゼは少なく、ホテル
だからか外国人観光客が多い。割と明るめの店内なのであまり意味深な場所
ではないよう。うむ。
しかし。。。なぜに?!というほど大音響でクラブミュージックがかかっていて
とりあえずステレオから一番遠い席へ移動。アペリティフの時間なのにBGMは
すっかり夜中のそれ。
そして誰一人とカメリエーレが来なーい!!!
この後、2杯グラスワインを飲めましましたが、カメリエーレに気付いてもらう
のは至難の業。
数年前にこのバーの奥にあるレストランで食事しましたが、同じようにサービス
というものがあまりなく、下階にある丁寧親切ブティックとは大違い。
雰囲気はステキなのにこれは残念。
ミラノマジックに浸りたかったのがちょっと目を覚まされたような気分でお店を
あとに。『HOTEL BULGARI』のバーへ。

P1100321_800x800_2

ブルガリホテルはちょっと隠れ家的な場所にあるお庭付きの宿。
ホテルの玄関口にはナンとかモーターショーみたいに高級車がズラリ。
アストンマーチンにフェラーリ、ポルシェと、ピカピカの車体がエントランス
のライトを反射してさらに圧巻。
入店すると、もうすでにガーデン席も満席。お庭にはイタリアサッカー
チームで活躍の某日本人選手が。
室内はレストランコーナーとバーコーナー、そしてプライベートルームが
あります。
かなり暗めの店内は、期待通りミラネーゼちょいワルおやじでいっぱい。
皆さまいかにもって感じのモデル風女子をお連れになっておられました。
そんな世界共通の構図を横目に、ワインを注文。
ワインリストは結構充実していてこれはテンションあがります。
おつまみも自家製チップスなどこだわりアリ。

平日の夜というのにものすごい客入り。それにしてもここに足を踏み入れる
人は、みんな自分が主役!って感じのファッションで、視線を全身に感じて
歩いているのがわかります。人を見て、人に見られる。視線の交差。
夜な夜ないろんなドラマが繰り広げられていると思わせられる、男と女の
”気”が伝わってくるミラノのホットスポット。

20140507_230433

20140507_230158

お土産にはブルガリのスイーツを。
パウンドケーキにチョコレート。

Dscn7187

ローマではスポンサーとなってスペイン階段の修復を手がけているブルガリ社。
このミラノのホットスポットもイタリア文化遺産に貢献しているということですね。

**************************

ARMANI HOTEL MILANO

**************************

BULGARI HOTEL MILANO

***************************






|

2014/01/25

ミラノ中央駅構内『BISTROT MILANO CENTRALE ビストロ・ミラノ・チェントラーレ』

Dscn6448_1

ミラノでの滞在後ローマへ戻るべく、ミラノ中央駅へ。
小腹がすいたので、3時間の旅の前に何か食べたい気になった
のですが、いやはやここは駅。しかもミラノ中央駅。
ほんとうに駅のBARって食べるものがない。時間がたってパッサパサ
のパニーノか、『SPIZZICO』などのピッツアチェーンの油ギトギトのピッツァ
の2者選択がオチ。
ミラノ中央駅の入り口にある『MOTTA』にも寄ったものの、食欲を
そそるものはなく、このままローマまでがまんするかぁーとがっかりしながら
ホームへ。
ホームのある3階に到着するとそこに夢か幻か、木目調のインテリアが
お洒落なBARレストランが!!!
思わず足が吸い込まれたのはここ『ビストロ・ミラノ・チェントラーレ』。
なんだこれはー!?

Dscn6443_1

ここはイタリア高速道路沿いのサービスエリアにあるBAR『AUTOGRILL』
が経営する、昨年春にオープンしたバール兼ビストロ。
店舗面積はかなり広く、天井も高い!こんなスペース、ここって前は何が
あったのでしょうか。荷物預かりコーナーだったような。。。

それにしてもすごい人気。キャッシャーには長い列。
カフェで一休みするもよし、電車の時間までアペリティフでリラックスもよし
もちろんがっつりディナーをする人ありでいろいろな使い方ができるマルチな空間。
店内にはなんとベーカリーがあり、自然酵母で焼き上げられたフレッシュな
パンやピザ、焼き菓子を1日中提供しています。あのいったいいつ作られた
かわからないパサパサのパニーノやギトギトピザからもこれで開放されるぅ!

Dscn6444_1

奥はビストロコーナー。
ここではストリートフードのスタンドがあり、小魚のフライやコロッケ
また野菜を使ったメニューもふんだんに用意されています。
売り場の奥がオープンキッチンになっているのも駅にしては画期的!

Dscn6451_1

Dscn6453_1

価格も一品5ユーロ前後と良心的。種類も豊富だなー。

Dscn6462_1

フルーツのコーナーもあり、フルーツサラダや搾りたてのフルーツジュース
やフルラートもその場で作ってくれます。ちょっと軽い食事をしたい人は最適。
もちろんお持ち帰りもでき、その場合はテイクアウト用の容器に入れて
くれます。

Dscn6447_1

うれしいことに店内はWIFIゾーンとなっています。電車の発着時刻を
知らせるモニターもテーブルについていてこれは便利です。
大きな木のテーブルで相席が多く、ミラノの新しい出会いの場にも
なっているのです。

Dscn6446_1

誰もがIPADや携帯で時間つぶしをするわけではありません。
ここには貸し出し用の料理本やレストラン、ワインガイドも揃って
います。

Dscn6458

自分の中で暗くてちょっと汚いイメージのミラノ駅が一掃されました。
不思議とここにいる人たちもお洒落に見えてくるほどのお店の
インテリア効果。
ちょっとしたお土産にイタリアの厳選食材やワインの小売コーナーも
あり、なかなかよく考慮されたマーケティング戦略。
ミラノはもうすぐ世界エキスポですからね。

営業時間は朝6時から夜21時半まで。

グルグルなっていた小腹もおいしいパニーノで満足。構内の新しい空間

に時間を忘れそうになりながらも、ローマ行きのフレッチャロッサに
乗り込みました。

***************************

BISTRO MILANO CENTRALE

***************************





|

2011/10/07

マクドナルドイタリアとマルケージのコラボレーションによる限定メニュー発売

Gualtieromarchesieilteammcdonalds

イタリア料理界の人間国宝グアルティエーロ・マルケージ。
3年前にミラノスカラ座の中に新店をオープンしたのが話題となっ
たが、今度はマクドナルドイタリアのメニューを開発、先日6週間の
期間限定メニュー2品を発表。
ハンバーガー「VIVACE ヴィヴァーチェ」(4.7ユーロ)は牛のハン
バーグに炒めたほうれん草、甘いタマネギに、香ばしく焼いたベ
ーコンに辛し入りマヨネーズをたっぷりとかけひまわりの種のつい
たパンで挟んだもの。デザートの「MINUETTOミヌエット」(2.5ユー
ロ)はマスカルポーネのクリームにパネットーネ入り。
スローフードの国イタリアで生き残れるファーストフードの提案として

マクドナルドイタリアのマーケティングが成功するか見どころ。

*********************

GUALTIERO MARCHESI

*********************

MC DONALD'S ITALIA

*********************

|

2011/04/28

『FIORAIO BIANCHI CAFFE' フィオライオ・ビアンキ・カフェ』

Dscn0135_1

地下鉄トゥラーティ駅近くにあるビストロ『フィオライオ・ビアンキ
カフェ』は花屋とレストランが一緒になったシュールなフラワー
ワールド。この店に入ったとたんフワーッとフローラルな香りが。

Dscn0139_1

どのアングルで写真を撮っても、絵葉書のように美しく
まるでインテリア雑誌の中にいるような。
お店に飾ってある花は全て販売品。

Dscn0149_1

お店の1階がビストロ、地下にはお花と花器の倉庫になっています。
お花に合わせたコーディネートができるよう鉢にかぶせるカゴや花瓶
もいろいろな種類のものが。思わず5ユーロのカゴをゲット。

Dscn0153_1

雰囲気ばかりよくてお料理がイマイチ、というパターンはよく
ありがちですが、ここは素材のおいしさがしっかり感じられる
本格的なレストラン。ランチなので仔牛のソテーにもやし入り
サラダのワンプレートで。

Dscn0147_1

緑とフローラルの香りとたわむれる癒しの空間で精神がリフ
レッシュするような極楽気分。
今度はディナーにゆっくり来てみたい。

この数日間のミラノの滞在で、この街の人は田舎の人以上
に自然に執着があるような気がしました。モダンなフォーム
の照明や家具、車などさんざん感激しましたが、このミラノで
もっとも都市デザインの主役となっていたのはみずみず
しいグリーンデコレーションでした。

上海に続き2015年に世界エクスポがミラノで開催されます。
それに向けての新建築工事があちこちで行われ、ますます
活気にあふれるミラノ。どんな変貌を遂げるのか楽しみです。

*********************************

FIORAIO BIANCHI CAFFE'
フィオライオ・ビアンキ・カフェ

Via Montebello 7 20121 Milano
Tel 02 29014390

*********************************

|

その他のカテゴリー

FRIULI VENEZIA GIULIA LOCALE - フリウリヴェネツィアジューリア レストラン | おうちランチ&ディナー - CUCINA DI CASA | お知らせ - NEWS | その他 - ALTRI | ひらめき - ISPIRAZIONE | アブルッツォ レストラン - ABRUZZO LOCALE | イタリアのネコ - GATTO ITALIANO | イタリアB級グルメ - GOURMET DI CATEGORIA B | ウンブリアレストラン - UMBRIA LOCALE | エオリア諸島 - ISOLE EOLIE | カラブリア レストラン - CALABRIA LOCALE | キッチン用品 - ATTREZZI DI CICINA | サビーナレストラン - SABINA RISTORANTE | サルデニア | サルデニア レストラン - SARDEGNA LOCALE | トスカーナレストラン - TOSCANA LOCALE | トリノ カフェ - TORINO BAR | ドルチェ - DOLCE | パーティー・イベント - FESTA/EVENTO | ビール - BIRRA | プーリア レストラン - PUGLIA LOCALE | ミラノレストラン - MILANO LOCALE | レストラン - LOCALE | ローマ カフェ - ROMA BAR | ローマのモニュメント - ROMA MONUMENTO | ローマレストラン - ROMA LOCALE | ワイン - VINO | 京都カフェ - KYOTO BAR | 京都レストラン - KYOTO LOCALE | 大阪レストラン - OSAKA LOCALE | 市場 - MERCATO | 愛猫ラモ - RAMO | 料理レシピ - RICETTA | 東京レストラン - TOKYO | 東京レストラン - TOKYO | 東京レストラン - TOKYO LOCALE | 生産者訪問 - VISTIA DI PRODUTTORE | 美味食材 - DELIZIE DELLA TAVOLA | 街角のデザイン | 試飲会 - DEGUSTAZIONE | 食材店&エノテカ - NEGOZIO & ENOTECA