ローマ カフェ - ROMA BAR

2014/08/26

ワンコとオウムに出会える街中のオアシス『TRAM DEPOT トラム・デポット』

Dscn7803

夏季休暇からのUターンラッシュが始まったローマ。
ローマに残った地元民のためにバカンス時期も毎日オープンしていたBAR
『トラム・デポット』。テスタッチョ地区は消防署のまん前にあります。

Dscn7799_2

このBAR全て野外席のみ。
中央郵便局隣にある庭には、60年代のアンティーク家具のテーブル
とイス。椰子の木あり、鳥小屋あり、サッカーゲームあり、TVあり。
以前にこのブロ具でも紹介した、家具屋とレストランが合体した
ローマの『ラニフィチョ』の経営。

Dscn7800

ところどころに花壇がつくってあり、オーナーのおじさんが毎日うれしそうに
南国の花に水をまいています。運がよければ色とりどりの野生のオウムくん
に出会えます。

Dscn7806

朝はカップチーノとコルネットあり、だらだらとコーヒーを飲んでいると
向かいの消防署員たちが制服で勢いよくカフェをひっかけていく姿に
ハッと目が覚めたり。

Dscn7810 Dscn7808

テーブル席にいるといつまでたっても誰も来ないので、急いでいる時はBARで
立ち飲みに限ります。

Dscn7801

トラムが通るマルモラータ通りにあるので、BARがトラムの形をしています。
前が広場になっているので、車で来る人も便利。

そしてこのBARが何よりも好きなのは、すぐ横に犬用の市立公園がある
ために遊び帰りのワンコ様がいーっぱいいるのです。

Dscn7813

見事な大型犬を何匹も連れた人たちが、公園で犬をさんざん走らせた
あと、このBARで一緒に休憩していくのです。
「ココは犬の博覧会会場か?!」と思うほど、あらゆる形相をしたワンコ様
たちがBARの前を行ったり来たり!

Dscn7816

夕方はアペリティフ、夜は食後酒やカクテルを飲みに来る人で1日中
賑わっています。もち犬連れで。

そんな『トラム・デポット』にも欠点が1つ。
トイレがありません。あしからず。

Dscn7805

**************************

TRAM  DEPOT トラム・デポット

Via Marmorata 13
Tel 06 575 4406
朝7:00 - 夜2:00

**************************

|

2013/10/28

ローマで独走中のカフェ『CRISTALLI DI ZUCCHERO クリスタッリ・ディ・ズッケロ』

Dscn9477

10月の最終週というのに、昼間はまだ半袖でもOKなくらい暖かいローマ。
この週末からイタリアは冬時間に変わり、全国のイタリア人がいっせい
に時計の針を1時間前に戻ししました。といっても、このごろは携帯電話も
PCも自動的に調整してくれるので、針をずらすという行為も大分少なく
なってきました。
1年で1度、1時間得したような気分になる日曜日のお昼、おいしいコーヒー
を飲みにと『クリスタッリ・ディ・ズッケロ』へ。ここは「カストローニ」や「タッツァ
ド・オーロ」なんかに比べるとあまり知られていないお店なのですが、実は
「ガンベロロッソイタリアBARガイド2013」で最優秀BARの一つに選ばれた
お店。2012年に引き続き今年も受賞、ハイクオリティBARとしてローマで
首位独走しているカフェなのです。
ピンクずくしの小さな店内にはスイーツコーナーとサンドイッチやミニ
パニーノなどの軽食コーナーがあります。

Dscn9481

Dscn9485

軽食コーナーには新鮮なモッツァレラや生ハムを挟んだ小さな
パニーノがずらり。これにクラフトビールのミニボトルを合わせて
簡単なランチをするローマノたち。ここでテイクアウトをして、すぐ目
の前にある古代ローマ時代から存在するチルコ・マッシモ広場で食べる
人たちもかなり見かけました。晴天の日曜日、おいしいパニーノ
とビールでのんびりと芝生の上でランチ。11月に入ると寒くなって
もう外でピクニックなんてできなくなるのを予想してか、パニーノ片手に
ここぞと日光を浴びている人たちがたくさんいました。

Dscn9478

スイーツコーナーには、いかにもイタリアの郷土菓子ではなく、洗練された
どちらかというとフランスっぽいお菓子が並んでいます。
外せないのはこのところイタリアでも流行っているマカロン。
ベルガモットティー、シチリアのピスタッチオのマカロンをゲット。

Dscn9486

自家製ヨーグルトジェラートもあり、こちらもこのお店の人気商品。
お店は真実の口の教会の裏手、チルコ・マッシモ広場にあるので観光途中
の休憩にもおススメ。

Dscn9488_2

**********************

CRISTALLI DI ZUCCHERO
クリスタッリ・ディ・ズッケロ

Via di San Teodoro 88
Tel 06 6992 0945
無休

***********************

|

2013/09/10

ローマジェラテリア『FATA MORGANA ファータ・モルガーナ』

20130908_151518_resized11_2

どんなに不景気の嵐が吹いてもジェラート屋だけは吹き飛ば
されない、不滅の人気。
毎日食べる人も普通で、イタリア人誰に聞いても自分の
お気に入りのジェラート屋を必ず自慢します。
わたしのジェラテリアはここ『FATA MORGANA ファータ・モル
ガーナ』。
どれもこれも食べたくなる魅惑的なフレーバーの中からたった
数種類を選ぶのは、毎度人生の苦境のごとく悩むのです。
悩みぬいたあげく、3つのフレーバーを注文。

1.パイナップル&生姜
2.バナナクリーム&黒ゴマ
3.リコッタチーズ&柑橘

なんとさわやかでフルーツのフレッシュな味わい!なめらかな
舌触りがもうなんとも言えません。中でもバナナとカリッと香ば
しい黒ゴマのコンビが最高!まだおかわりしたいくらい。

20130908_152331_resized

『ファータ・モルガーナ』では、まるでレストランのように本日
のおススメが黒板に。
季節のフルーツのものや、新しいフレーバーはこうやって
日替わりで提示されているのです。
他のジェラート屋さんにはない珍しい味がほとんどなので
ミニスプーンでいろいろ味見させてくれるのもうれしいところ。
1フレーバーが1ユーロというのも妥当な価格。むしろ安い!
ジェラートは添加物一切なし、フルーツやカカオ、ミルク
などじっくり厳選された原材料が使われた職人的な造り。
コーンは一枚一枚焼いています。業者の大量生産のものは
保存剤が入っているから、自家製。
フレーバーパウダーに水や牛乳を入れてかき混ぜる
だけでできる、インスタントのジェラートを販売するチェーン
店が威勢をふるう中『ファータ・モルガーナ』はローマ市内
に6店舗を開業。そのおいしさに週末は行列が。
夏が終わってもいつまでも食べていたいローマの名物です。

***********************************

FATA MORGANA ファータ・モルガーナ

Piazza San Cosimato Trastevere Roma

***********************************







|

2013/08/14

『HOTEL FORTY SEVEN』で真夏のアフターディナー

Dscn8847

8月のこの時期、ローマはガラガラ。
不景気でバカンスに出かける人は減ったそうですが、それでも
やっぱりこの暑さで、逃げるように街からロマーノが消えてしまい
ました。8月になるとバスや電車の本数も劇的に減り、タクシーも
半分以下。この時期、イタリアは国全体が何もかも一気に一時
停止する感じ。政治家も芸能人も、警察官も医者もみーんな
世の中から消えてしまうかのごとく休みます。
笑ったのは、多くの人がよほどの重病、緊急でなければ手術は
9月以降にするそう。病気よりバカンス。病人よりバカンス。

1年のうちでローマの渋滞がまったくなくなるのもこの時期だけ。
そんな不思議な夜、食後酒を飲みにローマのど真ん中ヴェネツィア
広場近くのホテル『HOTEL FORTY SEVEN』のテラスへ。

最上階のテラスからの叫びたくなるような美しい眺め。
渋滞に巻き込まれ、イライラしながら毎日のように通るこの道も
こんなに高いところから見ると同じ道とは思えないほどの差。

塔があるのは有名な真実の口のある教会。
遺跡から道路まで、小さな模型のように見えます。
ローマ独特のオレンジ色のライトがまた非現実感を演出してうっとり。

Dscn8853

人がいないローマのシュールな夜。
気持ちのいい夜風にあたりながら心ゆくまで味わいました。

*************************

HOTEL FORTY SEVEN

*************************




|

2012/08/14

『GIOLITTIジョリッティ』の夏の風物詩

1008_085_1

40℃ちかい猛暑がまだ続くローマの今年の夏。
ここまでくると毎日が自分の体力との戦いという感じ。
朝から日差しが強すぎてちょっと歩いているだけで日焼けする
のでテカテカと日焼け止めクリームをぬって出かけるけれど
それももうあまり意味がない。

そんなときにいつも飲みたくなるのが「GIORITTIジョリッティ」の
アイスカプチーノ。先日の全国紙【レプブリカ】にこの店のアイス
コーヒーがローマの”ベストアイスコーヒー”のひとつとして掲載
されていたほどここのカフェ・フレッドはおいしい。まずはグラスに
たっぷりと自家製のエスプレッソのグラニータ(カキ氷のようなもの)
をいれてくれる。その上から冷やしておいた砂糖入りのアイス
コーヒーを入れる。ミルクを入れカプチーノやカフェ・ラッテとなる。
バールごとにこのレシピがあるけれど、この店のはけっこう甘い。
その甘さが子供のときによく飲んでいたアイスミルクコーヒーを
思い出す。古いグラスの形もその冷たいおいしさを引き立ててくれる。
そしてうれしいことにこのバール「GIOLITTIジョリッティ」は私の
自宅のすぐ向かいにある。
もうここに通って10年以上。おいしいコーヒーを飲むのもあるけれど
違う意味で通っている部分もある。
仕事の夕食などで帰りが遅くなっても、自然に体がここに引き寄せ
られる。ラジオで今日のサッカーの試合結果を聞きながらだらだらと
コーヒーを入れ、怒ったり笑ったりしているオーナーのアルマンド
と常連。その様子があまりにも毎日同じなので、それを見ただけで
また元の自分にリセットできる感じ。自分にどんなドラマチック
なでき事が起こった日でも、ここの光景は同じなので、なんだ世の中
何も変わってないわと安心できる。

ある日の夕方ぶらりと「ジョリッティ」に立ち寄ると、店のみんなが真っ赤
に目をはらしていた。「どうしたの?!」と聞くと、常連のティリオが今
さっき亡くなったということだった。ティリオはわりと重い言語障害者で
口を開くことはないけれど、なぜかいつもニコニコしていた。毎日朝から
閉店までお店にいて、明るい性格の彼はみんなのサッカーの話に手を
たたいて笑ったりしていつも楽しそうに参加していた。50歳過ぎで「ジョ
リッティ」のすぐ近くのアパートにひとり暮らし。食事と寝る以外はここで
過ごしていた。
その日はランチのあと彼がお店に来ないので、店の人がおかしいと思い
電話したけれどつながらず、彼のアパートの建物の持ち主に連絡しカギ
をもらい玄関のドアを開けたところ、食卓の上ですでに亡くなっていた。
突然の脳溢血で救急車を呼ぶまでもなかったそう。
第一発見者のバリスタのファビオたちが他都市にいる遠い親戚に連絡し
お葬式の手配までしていた。
ティリオは家族とよべる身内もなく、障害者でひとり暮らしだったけど亡く
なってから1時間も経たずに早期発見された。
今どきの都会では記録的な早さだ。

そんな「ジョリッティ」に閉店するという話があがった。
この物件の所有者が「ジョリッティ」への賃貸契約を更新しないということ
だった。これにはみんなマジであせっていた。アルマンドは極秘と言って
交渉の内容をあかしたくないようたっだけれど、何か進展があれば即
全員に知れわたっていた。サッカーの話はもうあまり盛り上がっていなかった。
そしてソワソワした数ヵ月後アルマンドが物件自体を買い取るということ
に話が落ち着いた。それを聞いたときのうれしさ!
その後すぐに工事が入ってボロボロになっていた天井や壁を塗りなおした
りしてお店はきれいになった。それでも昔のままのテーブルや椅子はその
まま使い込まれていていい色のグラデーションになっている。

1008_091_1_2

****************************

GIOLITTI  ジョリッティ
Via Amerigo Vespucci 35  Roma

****************************








|

2011/01/19

朝も夜もおいしいべーカリー『PANNELLA パンネッラ』

Dscn8576_1

久しぶりに訪れたローマ市内コロッセオ近くにあるパン屋さん『パンネッラ』。
数え切れない種類のパンからジャムやソースなどの瓶詰製品、乾麺
香辛料、粉、ワインまで何でも揃い、さらにイートインコーナーもある
食のディズニーランド。

Dscn8578_1

店内にはお菓子パンから調理パンまでいろいろなパンがあるのですが
中でも目を引くのがこのローマのシンボルを模ったパンたち。

右はバチカンのサンピエトロ寺院、真ん中はローマ誕生のシンボル
左はコスタンティヌスの凱旋門。1個20ユーロほど。食べてみたい!

外にはテラス席あり、寒いこの時期でも外の朝食が気持ちいいのです。
冬ならではのお菓子「CASTAGNACCIOカスタナッチョ」に温かいカプチーノ
を注文。

Dscn8574_1

「カスタナッチョ」は栗の粉にミルクと砂糖、干しブドウに松の実を
混ぜた焼き菓子。さっくりした歯ごたえを想像していたら、食べて
みると”ういろう”そのもの。ミルクが入っているからかねっとりして
いました。

Dscn8653_1

朝食のおいしい「パンネッラ」、最近ランチ&ディナーの営業も始めました。
ディナーと言ってもビュッフェですが飲み物込みで1人10ユーロ。

Dscn8655_1

まだ始めたばかりなので皿数は少なかったですが、買い物がてら
に空きっ腹をおさめるには最適!

Dscn8656_1

このところあまり寒くないローマの夜を散歩しながら帰宅。
闇の中にくっきり立ち上がるコロッセオが目の前に。
「パンネッラ」のコロッセオの形をしたパンを思い出しました。

**********************************

PANNELLA - ARTE DEL PANE
パンネッラ - アルテ・デル・パーネ
Via Merulana 54 Roma
Tel 06 4872435

**********************************

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

|

2010/09/16

『BIG STAR』でツイン・ピークスな夜

Dscn6430_1

ローマの下町トラステヴェレ地区にあるパブ『BIG STAR』へ。
ベルギーの「TRIPLE MOINE」や「ROTHAUS PILZ」

イギリスの「MORRELS」などの地ビールが飲める本格的なビレリア。
店のアングルには直接ホースでつぎ込まれるようになっているビール
樽がごろごろと。その横にはDJブースが。

Dscn6423_1_2

天井も壁も一面に赤い、友達に連れられて初めて訪れたこの
不思議な店。ビールジョッキ片手にアメリカンポップスを楽しむ客層は
チェックのシャツにヒゲをはやした若者やアフロヘアのおじさんなど
なんだかとってもアメリカンカントリーな雰囲気です。

Dscn6453_1

ビレリアの2階はライブスペースになっていてミニコンサートがある
というのでジョッキ片手に上階へ。

Dscn6434_1_2

階段横の壁デコレーション。

Dscn6437_1

この空間でビールを飲んでいると、急に90年代に流行ったアメリカの
TVドラマ「ツイン・ピークス」を思い出しました。
あのなんともいえない不思議なBGMが聞えてきそうです。

Dscn6435_1

この部屋はまさに”レッドルーム”のシーンそのもの。
赤い壁の向こうから小人のおじさんが踊りながら出てきそうでは
ありませんか?!

Dscn6479_1

FBI連邦捜査官!?
いえいえこの店のオーナーアンドレア氏です。
缶コーヒーが似合いそう。

Dscn6446_1

Dscn6443_1_3  

この中に犯人が?

Dscn6468_1

アメリカンポップのライブは夜遅くまで盛り上がりました。
アメリカ人は1人もいないローマの中の小さなアメリカ。
酔ってもいないのにとてつもなくシュールな一夜なのでした。

*****************************

BIG SATR

Via Mameli 25 -Trastevere Roma

 

*****************************

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

2010/07/03

CREMOLATO DI PESCA E SPUMANTE  桃とスプマンテのクレモラート

Dscn5473_1

毎日30度を越す猛暑のローマ。

金曜の夜はフランス大使館に務めるMassimo&フィアンセのSonokoの
セレブカップルとディナー。そのあと2人の”超お気に入りの場所”に連れて
行ってくれるという。
先ほどおなかに入れたカルボナーラや牛のボッリートを消化すべく散歩しながら
到達したのは老舗ジェラテリア。
有無を言わさず「コレを食べよ」とMassimoが注文してくれたのが
『CREMOLATO クレモラート』。クレモラートとは、ジェラートとグラニータ
のあいだのアイス。ジェラートのようにミルクや乳製品は入っておらず
グラニータほどカリカリしたかき氷ではない、その中間。
いろいろな種類の中から「桃とスプマンテのクレモラート」を選びました。
なんというみずみずしさ!桃の甘さ。少し皮も入っています。

フルーツそのものを食べているようなフレッシュな味。
それもそのはず、原材料はフルーツと砂糖だけ。それも砂糖は全体の
たったの20%だそうです。
食感はシャリシャリとクリーミーなかき氷という感じ。
そのほかスイカやマンダリン、レモンなどのクレモラートがありました。
ごまのアイスクリームというのも気になりました。
あまり知られていない地味なお店ですが、かなりの穴場です。
Massimoは2カップ目をおかわりしていました。

クレモラートのおかげで、蒸し暑い空気も一気に冷めて、夏のローマ
の散歩を楽しんで帰宅。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

|

2010/03/19

アーチスト達の集う『ACCADEMIA AMERICANA ローマ・アメリカン・アカデミー』のBAR

Dscn3188_1

ジャニコロの高級住宅街にある『ACCADMIA AMERICANA IN ROME
アメリカン・アカデミー』内にあるBAR。
ここはローマでも大好きなBARの1つ。
アメリカ人のアーチスト達が制作活動をしている建物の中にあります。

Dscn3190_1 Dscn3193_1
シェフモナさんによる、館内の庭で育てたオーガニック野菜の料理の
ブランチのあと立ち寄りました。
壁にはアカデミーの卒業生の中から世界的に有名になったアーチスト
の肖像画が。

Dscn3195_1

もう1つ感動するのは図書館。
中世の映画のシーンに出てきそうではありませんか!
ここでなら何時間でも勉強できそうです。
というか、”ここで読書している自分”に浸れそうです。

Dscn3202_1

また館内には素敵な庭もあります。
ここではガーデンパーティーが行われるのですが、中央の奥に
小さな小屋のような建物がぽつんとあります。
昔これは旅人が休息する宿だったそうで、なんと1600年代に
天文学の父ガリレオが立ち寄り、初めて望遠鏡で星を観察した
場所なのだそうです。

館内を散歩していたら、どこからともなくピアノの音色が聞こえて
きました。

Dscn3205_1_2

なんというかわいさ!!!
おじいさん2人が息を合わせて連弾しているのでした。

音楽やアートが好きな人たちが自然に集まって、おいしいものを食べたり
ゆったりした時間を過ごせる空間、ローマ・アメリカン・アカデミー。
個人の寄付からこんな素晴らしい文化財団を海外に設けるアメリカ。
この国の文化レベルの高さを痛感しました。

********************************

ACCADEMIA AMERICANA IN ROME

ローマ・アメリカン・アカデミー

********************************

|

2010/01/23

『CAFFE GOTICO カフェ・ゴティコ』のカプチーノ

Dscn2282_1

友人ととある用事のため、街中のパンテオン近くで落ち合う。
この近くにカプチーノが抜群においしいBARがあるというので、2つ返事で
連れて行ってもらったのがここ『カフェ・ゴティコ』。

ローマでおいしいコーヒーの店といえば、だれもが知る『CASTRONIカストローニ』
や『TAZZA D'ORO タッツァ・ドーロ』、『SANT'EUSTACHIOサント・エウスタキオ』
があります。一方『カフェ・ゴティコ』は全く無名で一見どこにでもある近所のBAR。
ところが友人は「ここのカプチーノを飲むと、ほかのところでは飲めなくなるくらい
おいしい。」というのです。
その友人はAIS(イタリアソムリエ協会)の教授でもあり、ワインエキスパートでは
右に出るものはいない味覚のプロ。
その友人がお勧めするカプチーノ、心して飲んでみました。

Dscn2276_1

なんというクリーミーさ!なんというやさしいミルクの味。
普段はそんなことはしないのですが、スプーンでそっと上部をすくって
そのベルベットのような泡のおいしさまで満喫しました。
同じカプチーノでも、よくコーヒーのざらっとした苦味がのど越しに
残ったり、ミルクと分離していたりするのですが『カフェ・ゴティコ』
のは後味はやわらかく、深みがありまろやかで、確かに
これはちょっと忘れられない味でした。
カフェマシーンは”BRASIL社”のもの、ミルクはどこのBARでも
使っている業務用のメーカーのもの。やはりバールマンの腕なので
しょうか?

Dscn2280_1

こんなフツーのBARで、しかも1杯1ユーロ(大抵が1,2ユーロ)の
カプチーノ。
コーヒー好きのみなさーん、ここ穴場ですよ!

************************

カフェ・ゴティコ
CAFFE GOTICO

Via della Stelletta  Roma
Tel 06 681 36525

************************

|